My Job

経営指標となる情報を収集・分析し、
事業計画を管理。
複合的な新しい金融サービスの創出を担う。

入社以来、auフィナンシャルホールディングス(以下、auFH)とauじぶん銀行の経営企画部を兼務しています。グループ全体の事業計画を見つつ、auじぶん銀行の事業計画の形を作り、進捗を管理する業務に主に従事しています。具体的には月次の収支、採算状況、経営指標の進捗状況の確認と分析を行い、検討課題を浮き彫りにすると同時に、今後の業績見通しの分析や、課題解決方法の企画・立案を行っています。auFHは、銀行や保険、証券の垣根を超え、複合的な金融サービスを創出し、ユーザーがワクワクするようなUI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)を提供する仕組みを、グループ全体で提案・実現に結び付ける役割を担っています。経営企画部はその中核に位置する部署であり、収益計画をはじめとした事業計画を基に、さまざまな課題解決のほか、新たな金融サービスの創出を目指しています。

ゼロから絵を描き、成長軌道に乗せていく魅力。
会社も自分も成長できる環境と感じて入社を決意。

大学卒業後、14年間、政府系金融機関に勤務していました。当初は支店勤務でしたが、その後本店で、事業企画・経営企画の業務に携わりました。キャリアを積むにつれ、プレーヤーとして磨いた専門性を更に活かしていきたいという気持ちが強くなり、新たなフィールドで挑戦する選択肢を考えるようになりました。その頃に設立されたのがauFHです。当時は設立したばかりの会社ということもあり、自分がうまくやっていけるか多少不安はありましたが、ゼロから経営ビジョンを描き、事業を成長軌道に乗せていくミッションに魅力を感じ、入社を決めました。面接での社長のお話から、金融業界を志望する人が「まずはauFHに応募したい」と思えるくらい、社会からの期待度が高い、高成長を遂げる会社にしていきたいという高い志を感じ、会社も自分も成長できる場であると確信したことが入社の決め手になりました。

着任早々任された採算管理高度化のプロジェクト。
多様性に富んでいるからこそ新たな価値を生み出せる。

着任後、早々に取り組んだプロジェクトが採算管理の高度化でした。その取り組みの一つが、auFHの中核企業であるauじぶん銀行で実施した事業別収支の「見える化」です。企業の将来をデザインするにあたり、事業やサービスの収益力を分析することは非常に重要です。誰が見てもわかりやすく、適切な判断を下すに足る最適なデータを整理し、経営陣に報告していくため、この「見える化」の業務に取り組みました。取り組みはまだ途上ですが、今後データ集計のシステム化や省力化を進め、スタッフがより創造的な仕事に専念できて、経営陣もスピーディーに判断できる環境作りを進めていきたいと考えています。auFHは転職者や他企業からの出向者など、出身母体の異なる人で構成されており、当初は、異なるバッググラウンドや文化から生まれるコミュニケーションに難しさを感じましたが、翻って見れば多様性に富んでいることを意味しており、それは新たな価値を生み出す、auFHの武器であると感じています。

主体的かつ能動的に、
やりたいことを発信し実現する。
大切なことは、真摯な対応と周囲を巻き込むスタンス。

auFHが掲げる「通信とライフデザインの融合」によって、今後金融に対するストレスが劇的に改善され、より多くの体験や消費が可能になると考えています。今後社会のニーズの高まりに応えるために、auFHの成長スピードはより加速していくと思います。このような会社の成長ダイナミズムに自身が並走するためには、足元の経営課題や将来の方向性を見極めつつ、自らが主体的かつ能動的に、やりたいこと、やるべきことを発信することが必要であり、自らの力を最大限発揮することを絶えず実践することが重要であると考えています。また実践においては、相手に「真摯」であることを心掛け、周囲をうまく課題解決に巻き込むスタンスで、日々の業務に臨むことを大切にしています。auFHはこのような想いや取り組みにしっかり応えてくれる会社であると感じています。今後も自らの経験を活かしつつ、新たな金融サービス創出の一翼を担っていきたいと思っています。

今後の目標

現在、自分の経験値を活かす形で、採算管理にウエイトを置いた業務に取り組んでいますが、今後は経験値プラス更なる自己研鑽によって、経営企画業務に幅広くチャレンジしていきたいと思います。そして金融業界での活躍を目指す方が、「まずはauFHで働いてみたいと思っていただけるようなブランドイメージの創出に貢献できればと考えています。

Daily Schedule

- ある1日のスケジュール -

  1. 10:00

    出社。メールチェック

  2. 10:30

    auじぶん銀行にて、
    月次の採算管理に関するミーティング

  3. 11:30

    auじぶん銀行で他の子会社との
    連携施策検討ミーティング

  4. 12:00

    昼食

  1. 13:00

    auFHで採算管理の
    システム化に関するミーティング

  2. 14:00

    auじぶん銀行で
    次年度予算策定に向けた資料作成

  3. 17:00

    auFHでメールチェック、返信、電話対応。

  4. 18:00

    退社

off style

茨城県からの単身赴任ということもあって、休日は5歳になる子どもと過ごす時間を大切にしています。最近、補助輪付きの自転車に乗れるようになり、近所を息子と散策するのが一番のリフレッシュです。子どもからもらう元気が、仕事のパワーの源ですね。